患者サポートセンター

地域医療連絡室

 患者サポートセンターは、本院の各診療科と患者さまや地域の諸先生方との間を繋ぐ専用の窓口です。
患者さまの紹介・逆紹介がスムーズに行われるよう各医療機関との連携を密に行うとともに、紹介患者さまの診察・検査待ち時間の短縮を図ります。

  • 業務内容

    紹介患者さまの受け入れ窓口(診察・入院・検査)
    地域の各医療機関との連絡調整業務
    受診結果・検査結果などの各紹介医療機関への報告
    診察一覧表など、医療情報の提供

  • 業務時間

    平日 午前9:00~午後5:00
    土曜日 午前9:00~午後1:00

開放病床について

開放型病院について

 当院は、2013年10月に開放型病院として承認を受けました。地域の医療機関が 組織的に連携を結び、患者さまにとってより良い医療を提供することを目的としています。
この制度により開業医の先生方が必要に応じて当院を訪問し、主治医と共同で入院中の患者さまを診療・指導することができ、患者さまは入院前・入院中・退院後という治療経過に即し一貫した治療を受けるメリットがあります。

登録医について

 開放型病床を利用していただくためには、「登録医申請書」の提出が必要になります。
申請書が必要な場合は、地域医療連絡室までご連絡ください。

開放型病床の利用について

  1. 登録医の先生方より地域医療連絡室に診療情報提供書・保険情報をFAXしてください。

  2. 担当医師と相談後、地域医療連絡室より入院日や主治医について電話連絡いたします。その後、診察予約票を登録医療機関さまにFAXいたします。

登録医の訪院について

  1. 電話またはFAXにて「地域医療連絡室」へご連絡ください。訪院の日程調整をいたします。

  2. 来院当日は「地域医療連絡室」にお越しください。

  3. 登録医控室にご案内後、白衣と名札を着用していただきます。

  4. 入院病床へ地域医療連絡室スタッフがご案内します。

  5. 訪院後は共同指導録に記載いただき、白衣・名札をご返却ください。

訪院時間について

 原則、下記時間が来院可能時間です。

平日 午前 9:00~午後5:00
土曜日 午前 9:00~午後1:00

開放型病院共同指導料について

 当院の開放型病床を利用され共同診療・指導を行った場合、開放型病院共同指導料が登録医療機関さまにて算定できます。

開放型病院共同指導料(Ⅰ) 患者さま1人1日につき350点

在宅療養後方支援病院

 当院は平成30年1月1日に在宅療養後方支援病院の施設基準を取得しました。

在宅療養後方支援病院とは

 在宅療養されている患者様やご家族が安心して過ごせるよう、在宅医療担当医と育和会記念病院が連携して診療を行う制度です。
在宅療養中の患者様の緊急時には24時間迅速に対応し、必要に応じて入院受け入れを行います。

入院届出書 用紙ダウンロード

診療情報提供書(初回) 用紙ダウンロード

診療情報提供書(3ヶ月交換) 用紙ダウンロード