新型コロナウィルス感染症罹患後の受診について

2022年9月30日

2022年9月7日から、政府の方針で新型コロナウィルス感染症の療養期間が10日から7日に短縮されました。しかしながら、10日間が経過するまでは感染リスクが残存することから、ハイリスク施設への訪問を避けることとされています。

当院は、高齢者・重症化リスクの高い患者さまが多く来院されることもあり、
新型コロナウィルス感染症罹患後の定期外来の受診は、発症日(または陽性日)から10日間経過後、11日目からとさせていただいておりますのでご了承ください。